機械式時計は自分で手入れしてもいいの?自宅でできるお手入れ方法とは


セーム革などの柔らかい素材で拭く

機械式時計の手入れはマイクロファイバーやシリコンのクロスでするのも良いですが、セーム革クロスの方が相性が良いといえます。セーム革クロスは古くからさまざまなものに使用されています。その素材は他のものに比べてきめ細かく柔らかいため、傷をつけたくない繊細なものを拭くのにはぴったりです。特に、機械式時計は繊細で傷つけたくないものです。できるだけ丁寧に扱いたいですよね。優しくセーム革で拭けば、傷つけることなく綺麗にできます。

柔らかい歯ブラシで磨く

意外にも重宝するのが歯ブラシです。傷がついてしまうのではないかと心配する方もいると思いますが、柔らかいブラシを使えば大丈夫。そもそも歯茎のような柔らかいところを磨くために作られていますから、傷つきにくいのです。かといって、あまりにも圧力をかけるのは良くありません。あくまでも優しく丁寧にブラッシングしましょう。歯ブラシは狭い隙間や落ちにくい汚れを落とすにもちょうど良いものです。普段はお手入れできないところも綺麗になりますよ。

細かい汚れは爪楊枝で落とす

歯ブラシでもなかなか落とせない汚れには、爪楊枝が最適です。爪楊枝は歯ブラシより硬いですが、素材が木製であるため比較的柔らかく安全です。そのため、傷つける心配はありません。機械式時計には汗や垢、埃などいろんなものが付着しています。長年の汚れがこびり着き、頑固な汚れになってしまうことも。安全に細かいところまで汚れを取り去るには、このようになるべく自然の素材を使い丁寧に落としていくことです。とはいえ、素人では機械式時計の中まで手入れすることはできません。中を綺麗にしたい場合は専門家に依頼しましょう。

ウブロはスイスの高級時計メーカーで、フランス語で船体に付いている丸い窓を意味するHublotが社名の由来です。